外注のプロに聞いた!クラウドソーシングのライター募集時の判断基準


 

右足の指を1日で3回、3本ぶつけた
宇野詩織です。
うぐっぐ…

 

 

この記事では、

ブログ記事の外注で、

ライターさんを採用するときに

 

トライアルを実施していた場合の、

トライアル納品の記事の判断や、見方について

直接、詳しい人に聞いたことをお話します。

 

 

 

◆ 外注アドセンスで契約する基準

アドセンスで収益化するために
必要なブログ記事、
今は自分で書いてないんですが、

 

※ アドセンスって何?と言う方はこちら。

 

ライターさんがだいぶ減ったこともあって、
毎日納品されなくなってきました。

 

 

なので、
新しい外注さんと契約したいと思って、
先週までに830人以上の人に

この仕事どうですかー?

という依頼を、
クラウドソーシングサイトでしていました。

 

 

※クラウドソーシングサイト

個人や法人が、仕事を請けたり頼んだりを
気軽にできるサイトです。

 

 

※ちなみに宇野はクラウドワークスを使っています。

 

 

連絡をもらえたら、
トライアルで試しに一本書いてもらって、
それで契約するか決めているんですけど、

 

 

応募が26名もあったのに
一人も採用できない!!

 

 

という事態に。

 

 

さすがのニブい自分でも
おかしいと思って、
ブログ外注運営のプロに聞いてみました。

 


宇野:
「せ、先輩。
人集まってないんですけど
これどうなんですかね…」

 

草薙さん(先輩):
「とりあえず質問は丁寧にしましょうか」

 

宇野:
「ハイ!(; ゚Д゚)」


 

草薙さんは、
アドセンス外注教材を出されている方で、
今、宇野が実践している教材の
製作者さんになります。

 

 

草薙さんのプロフィールはこちら

 

※教材の販売ページです。

 

 

 

人を雇えない結論:

 

サンプルの判断がおかしかったーー!

 

 

 

 

◆ トライアルの依頼から採用までの流れ

ちなみに外注の教材には、
仕事を依頼するときの
テンプレートやマニュアルが
全部含まれています。

 

 

なので、仕事の募集ページに
書かれている内容どおりに
応募をしてくれた人に対して
マニュアルを送れば、
それでトライアルに進んでもらえるんですね。

 

 

自分はその書いてもらった記事を判断して、
お仕事をお願いするか
お断りするかってことになるんですけど、

 

 

完全にマニュアル通りのものじゃないと
ダメだと思って、

採用したほうが良い人まで
お断りしていました。

 

 

そ う な ん で す よ !

 

 

記事の良しあしがわからないと
人の採用はできるはずなかったです。

 

 

もちろん、送ってるマニュアルは
擦り切れるくらい
読んでたんですけど、

 

あまりにも

マニュアル通りに!
マニュアルガー
マニュアルガー
ってなってました。汗

 

 

 

◆ 記事が良いものかどうか、判断のポイント

では何がいけなかったのか?

 

記事のサンプルごとに、
ダメだと思った理由をまとめて
みてもらいました。

 

そこで外注のプロにいただいた
アドバイスを、まとめてみました。

 

 

【 1、即NG 】

 

・送ったマニュアルを明らかに読んでない
・記事の中に、意見や体験がない

 

これは、できてました!

 

 

マニュアルを明らかに読んでない例

 

・中見出しもなく、改行もなく、
 漢字が盛りだくさん!だである調
 で、指定している文字数より少ないとか。

 

 

1500文字書いてとお願いしてるところ、
500文字で来たのには
さすがにおったまげた。

 

でも文体が
「~なのである!!」
という謎の威圧感。

うん、いろんな意味ですごかったです。

 

 

 

記事の中に、意見や体験がない例

 

・ただ淡々とお盆の由来やしきたりについて書かれている

 

 

よく、記事の終わりが
「いかがでしたしょうか?」
のやつ。

 

一時期、大手サイトで
そういう書いてる人の
顔が見えないような記事が
流行りましたが、

 

役に立つはずなんですけど、
それが良しとされちゃうと
ありふれた情報になってしまいます。

 

それって読む人にとっても、

検索結果を表示させる
GoogleさんやYahoo!さんたちからしても、

歓迎できないので、NGです。

 

っていうか、わたしもつまんないので
好きじゃないです…。

 

 

 

【2、気にしなくてよかった点】

・文中に画像を挿入

・改行が少ない

 

 

草薙さん
「こっちの校正で対応すれば良いです。」

 

宇野

「ハイ!」

 

 

記事の「中身」が大事であって、
このくらいのことなら、
そこまで目くじら立てずにOKなんですね。

 

 

「マニュアルをちゃんと
読んでくれてないから
そうなるのかな…」

 

 

って思ったんですけど、

そもそも外注アドセンスの教材どおりに
実践しようとしてたのに、

 

その意図通りに
実践できてなかった自分が
言えた義理ではありませんでした!

 

 

(; ゚Д゚)あちゃぁ…

 

 

 

・ファイルへのキーワード記載なし

 

「週末 埼玉 遊び場」

 

こういう、
記事を書くもとになったキーワードを
納品のWordファイル名にしてほしかったんですけど、

 

そうなってなかったのも
マニュアルガー

のせいでした。

 

 

草薙さん
「一言いえば良いですよね。」

宇野
「オッシャルトオリデス!(; ゚Д゚)」

 

 

 

【3、テーマ設定の勘違いがあった】

ニュースとか、テレビ番組とか、
何かしら今世の中で話題になりそうなことを
テーマにできる人じゃないと
ダメだって思ってたんですけど、

 

 


草薙さん
「それは理想です。ダメなことはないです。」

宇野
「(マジっすか!)」

 

 

今頼みたいのって、
これから先需要が伸びてきそうで、
かつ、今話題になってるものを
頼みたいんですよね。

 

 

頼みたいと思うテーマ例

 

今日だと…
週末、台風が来るから、

 

「台風 ディズニー 休園 」

とか。

 

(うおっこのキーワード知恵袋1ページ目じゃん!
記事にしたらアクセス集まりそう…)

 

 

 

【4、最後に どういう記事ならいいと思ったか】

理想とするものに近くなくても、

 

・文章に感情がちゃんと入っている

 

・何より自分が読んでいて面白い

 

・文字数が指定以上

 

・記事のテーマに少なくとも需要がある

 

 

 

こうであればOK!
という結論になりました。

 

もしあなたが外注をしているなら、
ちゃんと人選できてるか?

自分で書いている人なら、
こういうことをしてないか?

 

ちょっとでも参考になったら嬉しいです。

 

 

実際のやりとりを
原文ママで載せたものを、

別途記事にしてますので、

 

もっとライブ感まで知りたければどうぞ!笑

↓ ↓

【FAAP実践記】サクっと戦略19~23日目 サンプルの基準を直接質問

 

 

 

 

編集後記

あしのゆびってアザになるんですね。

2回ぶつけたんですけど、

1回目は台所のカドで小指を。

 

2回目はガラスのコップを
中指と人差し指にストーンと落としてしまい…

いだだだだだ。


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

カテゴリー

ページの先頭へ