【外注】allintitle:×体験記なう


最近の手抜き外注方法をシェアします。

 

 

寝ないと頭が回らず、

新しい企画が出せないことがわかって、

早めに寝ています。

寝ないと人間ダメになります。

 

 

というわけでアドセンスにかける時間を

ものっすごく省エネしています。

(ひどいと一日5分~、普通は30分とか)

 

早いときは2日、

通常は3、4日に一度くらいしか、

外注さんとやりとりしてないです。

 

 

その堕落っぷ…いや、

自分なりに効率化した

様子を報告します。

 

 

 

外注はスプレッドシート共有、体験記事のみ

スプレッドシートを使って、

書いてほしいキーワードを

共有しています。

 

 

◇何をしているのか

 

1)キーワードを選定する

→主に育児系・生活ライフハック系

→「allintitle:」10未満のみにする

(有料SEOツールの力に任せて放置抽出)

 

2)スプレッドシートにキーワード転記

 

3)スプレッドシートを外注さんに共有

 

4)書けそうなキーワードで、体験記事を書いてもらう

 

5)納品でコピペチェック

 

6)納品されたキーワードを

スプレッドシート内の作成済み部分に移動する。

 

7)タイトルや中見出しが

SEOに強いタイトルになってないので、

そこは自分で考える。

 

8)軽く装飾して

画像収取して投稿。

 

もっぱらこんな感じです。

 

 

ネタ探しのキーワード選定なのですが、

ちょっと余裕がないので、

ツールでallintitle:を絞っています。

 

 

現状、完全にツールに頼った

パワープレイでして、

月額で2000円くらい

お金がかかっています。

 

ですが、

無料でも似たことができないか?

 

と、

調べていたところ、

無料でありがたいツールが

ありました!

 

 

allintitleとintitleのタイトル件数一括ライバル調査ツール作ってみた

 

スプレッドシートを使って、

allintitle:を調べたいキーワードを

機械的に抽出してくれるものです。

 

詳しい方法は上記URLページに

画像付きでわかりやすく

説明されています。

 

 

自分がこういうの作れないから、

めっっっちゃありがたいです。

 

 

自動で、

Yahoo!とGoogleの2種類の

allintitle:数が調べられるのですが、

Googleの方が機嫌悪く

動かないことが結構多いですね。

 

 

それでも、そこまで相違がないので

気になるようであれば

Yahoo!で件数の少なかったもののみ

直接、グーグルで

手動検索しても良いのかな、と思います。

 

 

自分だったら、

かなり狙っているジャンルのキーワードで、

少数精鋭で集める場合は、

見ますね。

 

 

ざざっと外注化のために

大量にキーワードを集めたかったら、

自分なら時間がかかるから

チェックしないで

使っちゃってもいいかなぁ。

 

Yahoo!もGoogleも、

ものすごく大きくは変わらないはずので、

Yahoo!の件数が少ないキーワードを

そのまま使ってしまっても

何ら問題ないかなと思います。

 

 

 

改善したい、と思っている理由

タイトル中見出し付け、校正、投稿、

 

単純作業でなんかもう

意識遠くなっちゃって無理!!!

 

 

しかし、この作業を人に任せると

 

 

タイトル中見出し付け:一件30円(+税)

 

校正:一件50円(+税)

 

投稿:一件40円(+税)

 

合計、120円。

 

 

体験記事一件につき

400円払ってるので、

1記事あたりのコストが

500円を超えてくるんですよね。

 

 

いや、しかし

自分のやることもあるし

時間足りないしな。

 

 

よし、外注しようか…。

 


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

カテゴリー

ページの先頭へ