楽天銀行、凍結祭りの話題を聞いたので、調べてみたらエグかった話


楽天銀行は

口座だけ持ってて放置の、

でも気になる宇野です。

 

 

 

人のメルマガで、

 

「楽天銀行でいきなり凍結される人が

続出してて、あそこはヤバイぞ…」

 

という話を見て、

 

えっ、銀行で凍結とか、

やましいことやっちゃった人だけじゃないの?

自分が収益受け取ってる銀行は大丈夫なの??

 

と思ったので、調べてみました。

 

 

 

 

◆ 口座凍結の噂について

Googleさんで、

 

「楽天銀行 ヤバイ」

 

で、まずは調べました。

語彙が…。

 

 

そうしたら、

2015年の9月に一度、

「凍結祭り状態」

になっていたことがわかりました。

 

 

 

出るわ出るわこんな事案。

 

 

・住宅ローン支払いのための口座だったから、

ローンの払いが遅れてて、

遅延損害金が出ちゃってる

 

 

とか、

 

 

・自営業の全資金そこに入れてる。

顧客の振り込みも手数料だけ取るくせに

凍結してるから、受け付けない。

 

せめてしっかり手数料とられないように

凍結せいや…信用が…。涙

なのに楽天側は対応もひどければ、謝罪も一切なし…。

 

 

とか、

 

 

・生活用の口座だから

生活が引き出せなくて

食うに困ってヤバイ

 

 

とか。

 

 

 

いや、シャレにならないですよね…。

 

 

検索すると

2016年、2017年と

似たように事案を報告している

個人ブログやニュースがありますから、

今でも継続しているのは

間違いないようですね。

 

 

 

 

◆ なぜ口座が凍結されるのか?

そもそも悪いことしてないのに、

(むしろまっとうな使い方)

なんで口座が凍結されるのかなって思って

調べたんですけど、

 

 

口座凍結される

一般的な理由は三つあって、

 

・銀行口座を持っている人が亡くなったとき

・債権整理したとき(ローン一本化とか)

・犯罪利用が疑われた時(犯人逮捕とか)

 

どうも楽天の凍結については、

3つ目の犯罪利用が疑われた時に

ひっかかるのか…?

 

 

「疑わしい取引」があったときに

凍結される場合があるんですって。

 

 

金融庁は、こんなものが

疑わしい取引だよって

参考事例を説明してるページがあったんですけど、

 

前提として、

こんなふうに書いていました。

 

 

 

金融機関等が

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」

第8条に規定する

疑わしい取引の届出義務を履行するに当たり、

疑わしい取引に該当する可能性のある取引として

特に注意を払うべき取引の類型を例示したものであり、

 

個別具体的な取引が疑わしい取引に該当するか否かについては、

金融機関等において、顧客の属性、取引時の状況

その他保有している当該取引に係る

具体的な情報を最新の内容に保ちながら

総合的に勘案して判断する必要がある。

 

引用元

金融庁HP:「疑わしい取引の参考事例」

 

 

 

えーと、小難しいわ!!!

 

 

超ざっくり言ったら

 

オレオレ詐欺などの犯罪で

使われた口座から入金があった口座は、

それも犯罪に関わってるんじゃ?

って思われる可能性がある、

 

その判断は、「銀行によって違う」

 

 

ってことですね。

 

あ、もちろん

事件の犯人逮捕で、

警察から凍結の指示があった口座は

確実に凍結行われているようなのですが、

 

それ以外については

この銀行によって違うみたいですね。

それがミソみたいです。

 

 

ということは、

 

【楽天銀行】

 

「犯罪で得られたっぽい金が入金されてる口座かも?」

 

 

「一応、何かあったらやだし止めとこ」

 

 

的なノリってこと…?

やめてー!

 

 

 

◆ 楽天の銀行格付けは 「A」

これ銀行として安心感ゼロじゃん…

って思ったので、さらに調べて、

 

銀行格付けなる基準があることを知りました。

国債とかにもありますよね。

 

 

で、楽天銀行の格付けは A でした!

(JCRってとこの格付け会社情報)

 

 

ちなみに、メガバンクは

Aの一つ上、AAと言う評価なので、

信用度は低くない、

むしろ高い、と言う感じですね。

 

 

詳しく知りたい方は、

https://www.jcr.co.jp/pdf/dm24/Types_of_Credit_Ratings_and_Definitions_of_Rating_Symbols20140106.pdf

 

こちらに格付けの説明があります。

 

 

格付けを見たとき、

「え?なんで…?こんなに評判良くないのにA…?」

 

 

と思ったんですけど、

この格付けってあくまで

銀行がほかのところにした借金をちゃんと返せるかどうか、

長期的に見てるものなんだそうです。

 

だから、ユーザビリティの上では

関係ないと。

そ、そうだったのか…。

 

 

銀行としては借り倒れが少なくて

信用できるってことだとしても、

使いやすい親切な銀行かどうかは

別なんですね。

 

 

 

 

◆ 銀行選びも評判を見たほうが良い

調べていて、

 

「なんとなく」、

「比較サイトで良さそうだから…」

「利息が良いから…」

 

というだけで銀行を決めるとよくない、

というのはわかりました。

 

ちょっとでもつっこんで調べてみるって、

大事ですね。

 

楽天銀行を収益受け取りに使うのは、

やめたほうが良いと思いました。

 

 

 

 

編集後記

この話題、

 

草薙さんっていう

アドセンス・メルマガの先輩が

楽天ヤバいぞっていう内容を

配信されてたところにフューチャーしてます。

 

草薙さんのサイト

https://successlabo.com/

 

 

草薙さんのメルマガに

感想出したら、

 

「これも調べたらメルマガネタにできますよね」

 

って教えてもらって、

おぉ!!

って思って調べて書きました。

 

超、勉強になりました。笑

 

 

 

漠然と調べるだけだと

真剣に見ないので、

 

アウトプットするぞって思って

調べるの大事ですね。

 

 

今日、真面目か('Д')

っていうかアドセンスに1ミリも関係ない!!

 

そ、そんな日もあるってことで…。

 

 

 

追伸:

 

すっごい関係ないんですけど、

 

プラレールの最安が

Amazonでもヨドバシでもなく、

ビッグカメラだったことを発見。

 

サウンド江ノ電が、

店頭で1680円税抜きでした。

 

 

良く見たら通販サイトでも値段違いました。

 

 

Amazon 2,400円(税込み)

 

ビッグカメラ 1,879円(税込み)

 

 

いや、これも何の話って感じなんですけど、

うれしかったのでついご報告を…

だって800円近く違ったんで…

 

外注さんに地域ネタ書いてもらう時は

最安の店とか、聞いてみようかな。

 

安いスーパーのまとめとかさ、

昔自分で書いたやつに

アクセス結構集まってるんですよね。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

カテゴリー

ページの先頭へ