内職・手作業とは?


ここでは副業で考えられる、

 

内職・手作業とは何か?

どんな仕事があるのか?

を、調べたものをまとめました。

 

内職・手作業とは?

 

家でできる手仕事のアルバイト

 

のことを言います。

 

ビギナー向けから、熟練者向けまであり、

中には、自分で道具を用意する内職もあります。

 

 

全体の割合としては女性が9割で、

扶養内で空いた時間に家計の足しにする、という人が多いです。

 

内職の種類

単純作業

シール貼り

箱組み立て

宛名書き

袋詰め(ティッシュなど)

カプセル詰め

梱包作業

検品作業

 

など。

イメージしやすい例としては、

ティッシュ、うちわ、おもちゃのトランプ組み立て、ちょっと高級なお菓子の梱包、

などでしょうか。

 

比較的ビギナーでもやりやすいものが多いです。

 

 

技術がいる作業

部品のバリ取り

機械部品加工

ネイルチップ作り

縫製作業

 

など。

ミシンなどがないとできないこともあります。

本格的なものになると、機械の貸し出しがあります。

 

 

報酬単価

平均時給は428円で、

専業が784円、内職が358円、副業が328円となっています。

 

アルバイトの最低賃金が沖縄の714円ですから、

スキマ時間の副業にすると、かなり安いですね。

 

 

よく求人に、

実際に慣れた内職をしている人の例が載っていますが例を見てみましょう。

 

 

仕事内容:製品の袋詰め、シール貼り、リボン結び、ラッピングなど

 

 

週に5日(稼動21日/1ヶ月)

一日5時間の稼動で月に5万円。

 

1日2380円、自給換算で476円となります。

 

 

これで納品するものを運ぶ手間や時間があることを考えると

ちょっと割に合わない・・という気がします。

 

 

 

主な求人の探し方

内職をしている知人からの紹介

新聞の折り込みチラシ

工場の張り紙

内職業仲介業者

インターネットの求人サイト

役所

ハローワーク

 

など。

最近はインターネットでの求人が多く出ているので、

検索するのが現実的な気はします。

 

 

メリット

自分の空いた時間に、自由に作業をすることが可能です。

家で、自分の裁量で仕事ができるのが最大のメリットとなります。

 

また、納品すればすぐにお金になる案件もあるので、

ものによっては即金性があります。

 

 

デメリット

とにかく単価が安いので、かなり手数を増やさないと稼ぎにくいところもあります。

小さな子どもがいると、目の前で広げて作業をするのは難しいです。

 

作業物を自分で取りに行ったり納品したりしなくてはならないこともあり、

近くに仕事がない場合もあるため、そうなると引き受けること自体が難しいですね。

 

 

おわりに

子持ちで外に働きに出られない、

副業で少しだけでも稼ぎの足しにしたいと思って、

内職に手を出すと、単価の低さにガッカリするかもしれません。

 

単純作業がとても好きならば話は別ですが。

 

個人的にはスキルも上がる在宅ワークのほうが断然オススメです。

 

余談ですが、平成27年の統計によれば、

11万5000人程度が内職をしているとのこと。

9割が女性です。

 

1000人に一人がやっている計算ですが、

意外とやっている人がいることに驚きです。

 

 

参考URL:

厚生労働省:家内労働のしおり


この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. マッキー より:

    宇野さん こんばんは。
    在宅ワークはお家にいながら、
    自分のペースでお仕事できていいですよね。
    単純作業は好きですが、スキルが上がるなら、
    在宅ワークのほうがいいですね♪
    有益な情報をありがとうございます。
    これからの記事も楽しみにしています。

    • pocket-of-time より:

      マッキーさん

      在宅ワークのお仕事はだんだんとスキルが上がって、
      自分の時間で調整できるようになるから良いですよね!
      コメント、ありがとうございます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

カテゴリー

ページの先頭へ