記事作成募集、1件200円だが。。意外と反応が良い。


宇野詩織です。

 

タイトルが集まってきたので、記事発注に入りました。

 

完全に分業体制で、自動化できるしくみを狙っています。

仕事を振ってくれる人もいれば本当に楽なのにとか思います笑

 

 

記事を1件200円で募集。反応は?

タイトルやターゲット、中見出しを考える手間がないので、

安めですが1件200円にて発注をかけています。

 

1000~1200字です。

 

 

21時以降に200名程度に声かけ、9名反応あり

200人ほどに22時前後に声をかけてみました。

土曜日の夜なので、比較的みてもらえたようです。

 

今回は、

 

カンタン在宅ワーカーの新規登録者と、

20件前後の実績のある人。

希望単価が低めのライターさん。

 

を中心にスカウトメッセージを送りました。

 

 

夏休みにもかかわらず、辞退あわせ15名に反応がありました。

土曜日の夜は割と反応が良いかも?

 

 

タイトル100ワード分の依頼は、重い?

今、タイトル付けを100ワード単位でお願いしています。

なぜなら依頼をちょこちょこしなくて済むから。。笑

 

外注を利用している友人にと話をしたのですが、多い印象だそうです。

依頼を受ける立場からしたらそうかも。。

ただ、楽には代えがたいのと、センスのある好きな人は全然大丈夫なので、

ここはガッツリでも良いのかなと思います。

 

 

タイトル募集要項では、10ワードの金額のみ記載。

ちなみに募集要項では10ワードで250円と単価を書いていますが、

 

メッセージのやりとりで、

「100ワードで契約どう?ペースはおまかせですよ」

と投げて、たいてい、そのまま依頼してしまっています。

 

強引?

 

イマイチな出来の人に何度か依頼して失敗していますが 汗

 

最初のサンプルの良いか悪いかの判断がつかない段階では、

小さく依頼したほうが、リスク分散にはなるかなと思いました。

 

勉強代は8000円弱でしたので、

取り戻せるくらい早く稼ぎたいところです。

 

 

スケジューリングと、ファイルの管理が大切かも。

作業スケジュールを考えたほうが良いかもしれません。

 

依頼をかけた日の翌日がてんてこまいになったりします。

最初のサンプル依頼は、地味に時間がかかります。

 

細かい問い合わせもわりと来ますので、

メッセージをやりとりするだけでも平気で1時間以上経ってしまいます。

 

タイトルを乗せたファイルを作って渡す、というだけなのですが、

コピペでも意外と時間がかかりますね。

 

対処はできるだけ仕事を分散できるようにスケジューリングすることですかね。

募集前や、募集しても反応が少ないときは

渡せるネタとしてまとめておいたほうが良さそうです。

 

ファイルはきちんとわかるようにまとめておくのも大切ですね。

 

とっちらかしてしまうと後々が大変なことに。

地味ですが、手を抜かないほうが良いポイントですね。

 

 

まとめ

  • 1件200円、1000~1200字でも人は集まります。
    ただし、タイトルは用意した上で記事作成のみを依頼します。

 

  • 土曜日の夜は割と反応が良いかも?

 

  • 100ワード単位の案件はあまり見ないけれど、
    結構お願いしてしまっても大丈夫。

 

  • ただし最初のサンプルの判断がつかない段階であれば
    10ワード単位で契約でも良いかも。
    やらかしたときのキズが浅く済みます。

 

 

 

外注も募集はじめがいちばんエネルギーが要るな。。と思います。
慣れるまでとにかくやります!


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

カテゴリー

ページの先頭へ