チェックでも、とにかく手を抜くことを考える!


宇野詩織です。

 

募集をかけた直後は忙しいですが、今はサンプルや納品を待っているところなので

あまりやることがなくラクチンです。

 

今後の段取りは常に考えながら動いていますが。

 

納品されてきたもののチェック。

外注さんのターゲット、タイトル、中見出しが100件分納品されました。

が、検収不合格としました。

 

前に時間を4時間以上かけて添削をしてしまった苦い経験を元に、

なるべく手を抜けるようにかんたんに返答しました。

過去記事⇒外注さんに求めるレベルを図りかねています。

 

どうしても直してほしいところの指摘のみです。

 

チェックは30分くらいですむようにやってみましたが、

意外とみられます。

相手へのフィードバック分を合わせて45分。

 

もう少し早くできないかなぁ。

慣れ?

 

完璧に使えるものを目指さなくてもいいや

前回の納品で、

外注さんにやってもらう作業にあまりに厳しく求めすぎたなと反省しました。。

 

今回、最低限の注意点のみを伝えるようにしたのは、

すべてを完全に使おうとしなくてもいいか、

くらいに考えるようにしてみたからです。

 

手を抜きたいからというのもありますが、

  • 6割で及第点
  • 8割使えればかなりすごい外注さん
  • 9割使えれば超当たりな外注さん

 

なのかな、と勝手に思うことにしてみました。

 

わたしは変に生真面目で完ぺき主義者なので、

引き受ける以上は採算度外視でやっちゃうタイプなんですよ。

 

小学校の掃除当番で、やたら気合入れてぞうきんがけするタイプの女の子いませんでした?

もくもく細かいとこまでやるの。

アレです笑

 

でも、そんなことしてたら普通は身が持ちません。

 

だから、いいかなーと。

少しモヤモヤは溜まりますけどね笑

 

 

生真面目な完ぺき主義者は、外注するとき別人になりきりましょう。

完璧にできてないのに完ぺき主義者です!

という人、いませんか?

 

とりあえず外注化している間だけは

別の人間になったつもりでやったほうが続けやすいですよ。

 

いや、今回納品されたものを「まいっかー」でゆるめに添削できたのって、

すっごい手を抜くのが神のように上手な友人になりきったからなんです。

昔からの幼馴染なんですけどね。

 

多分、彼女ならここは

「まいっかー」

で最低限のレベルで通すはずと思い、

生霊が乗り移ったつもりでやってみたんですよ笑

 

これが結構良くて。

 

エアコスプレ?

エアイタコ?

なんて言えばいいかわかりませんが、とりあえずノリノリで楽しかったです笑

 

及第点だったとしても、

彼女は仕事をさばいてそれなりのレベルに整えるのが上手なんですよね。

 

ってことは、完全なものをカツカツに目指そうとしなくても大丈夫なはずなんです。

完全を目指す意識ってすごく大事だと思うんですが、

それは自分のエゴでしかないのかなって思います。

 

どうしても生真面目に完璧を求めてしまう!

という人がいたら、身近な手を抜くのがうまい誰かになりきってみると

案外うまくいきますよ。

 

。。。とか言ってますけど、外注化で成果がきちんと出せればの話ですね!汗

今後も彼女に出張してもらって、生霊に仕事してもらおうと思います笑

うまく行く気がする。

 

 

おわりに

あーーーなんか、最近一日中考えすぎで疲れてきました。

掃除してても

料理してても

洗濯物干してても

掃除機かけてても

トイレに入ってても

洗い物してても

外出してても

食事のときですら!

 

見事に気を抜くメリハリがついていないですね笑

思考が全部外注化とかネットビジネスのほうにもってかれてます。

 

息子を相手にしてるときくらい、息子のことだけ考えて、

あたまの中を幸せな気分にしてないと滅入りますね!

 

というか日常のささいな幸せを感じられずして

何のために外注化実践してるの?

っていう。

 

 

「外注化成功させなきゃ。。!早く稼がなきゃ。。!」

みたいに気を張りすぎです。

がんばりすぎなくていいって先日も書いたばっかじゃん。。

 

急に爆発してすべて捨て去ってしまいたくならないように、

「ま、いっかー」

で、何でも良いからすすめてみようと思います。

 

 

 

あ、今していることに集中するのって、

マインドフルネスって言うんですよね!

ストレスのコントロールに役立つとかなんとか。

最後に投げっぱなしテキトーですみません。

 

おわり!


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

カテゴリー

ページの先頭へ